2007年05月10日

温泉に行こう! 第二話

えっとこれも大分前に書いて放置していたもの。
短いですが完結させました。
なんていうか落ちがない…?w

温泉に行こう! 第二話

「やっほ〜♪ 海燕!」

遅れてやってきた海燕に明るく声を掛けてエイミーは開口一番。

「温泉に行こう♪」
「ああ、温泉か…」
「さっきね、あさひちゃんと水着を買ってきたのぉ〜。
だから、海燕も一緒に行きましょう?」
「取りに戻らないとないな」
「じゃあケゴ広場についたら取りに戻るっていうのでどう?」
「ああ、そうだな」

さっきから2人の会話の間、あさひはくるくると2人の周りを回っている。
一緒に温泉に行けるのが嬉しいのだ。

「じゃあ、さっさとオンマ倒しちゃおう〜♪」
「ああ」

…そうは言ったもののそれはかなり大変な作業だった。
出てくるテンゴウグは固くてやっかいだった。
それでも何とか倒してオンマゴウグの元に来ることが出来た。
これを倒せば温泉だ。
はやる気持ちを押さえて3人はオンマゴウグの巣へと飛び込んだ。

*****

「お疲れ様〜♪」

湯煙の上がるケゴ温泉にやってきた3人は旅の疲れを癒す。
早速、水着に着替えて温泉に浸かる。

気持ち良かった。
戦闘の疲れも何もかも洗い流せそうだった。

「また来ようね」
「うん!」
「ああ」

まったりとしたそんな温泉旅行。
たまには綺麗な景色を見に行くのも悪くはない。

END
posted by 藤井桜 at 07:28| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | PSシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。