2007年02月20日

愛と哀しみの果てに

昨日の出来事、かなり脚色済みw
瑠泉さんネタはイーサさんがブログに書いてくれると思うのでw

愛と哀しみの果てに

エイミー「クラウドなんてもう知らない!」

クラウド「ふ、これでこれで良かったんですよ。彼女は幸せになれる。探偵などという安っぽい商売人よりもずっと良い人がね、きっと」

影虎「いつになく壊れていないか?」
瑠泉「エイミーさんの『嫌い!』発言が尾を引いていますわね、兄上」
影虎「うむ、しかし、クラウド…棒読み…」
瑠泉「wwwww」

クラウド「がーん、がーん」

瑠泉「ホワイトデーのお返しは3倍返しですし大変ですね、クラウドさん。
嫌われたままでもお返しはしないと」
影虎「追い討ち掛けてどうする、瑠泉」

エイミー「ぷんぷん」
クラウド「エイミーさ〜ん、かむば〜っく〜!」

イーサ「クラウドさん、何を絶叫してるんだい?
他の連中が冷たい目で見てるよ」
影虎「ほっといてやってくれ。傷心の胸内を明かされたくないのさ」
イーサ「ふーん、深くは聞かないけどさ。
でも、プレゼント2個って愛されてる証拠じゃない?
エイミーってツンデレ? 僕はエイミーはごめんだけど」
瑠泉「クラウドさんはそれに気付いていないのですね! 酷い…」
影虎「普通、気付かんと思うぞ。お、エイミーが帰って行く」

クラウド「エイミーさんしーゆーあげいんデ〜ス」

影虎「なんだかかわいそうになってきたな」
瑠泉「人の恋路を邪魔する人は馬に蹴られちゃえですね」
イーサ「僕は蹴られるつもりはないよ」
影虎「瑠泉…使い方を間違っていると思うぞ。
それにイーサ、そこは突っ込むところだろう」

影虎「…しかし、クラウドはいつから探偵になったんだ?」
イーサ「『眠りのクラウド』だけど」
瑠泉「真実は一つ! ですねw」
影虎「………」

ぐわ〜落ちがないぞw


posted by 藤井桜 at 09:44| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PSシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34179665

この記事へのトラックバック