2008年07月14日

永遠の夢

永遠の夢

夢が叶うなら。
きっと貴方の幸せを祈るでしょう。
星に願いを。

満天の星はどこまで広がっているのでしょうか。
大喬は星を見上げる。

「大喬、風邪を引く」
「孫策様、星は見守っていてくれるでしょうか。
孫呉の平和を。孫策様の勝利を」
「ああ、そうだな。毎日、大喬が星に祈っているんだ。
きっと、見守っていてくれるだろうよ」

その言葉が聞きたかった。
だから大喬は星に祈るのだ。

「数多の天の星よ。孫策様に勝利をお与え下さい」

静かに祈る。
祈る大喬の肩を孫策が引き寄せる。

ゆっくりと大喬が目を開ける。
そして、嬉しそうに頬を染める。

「オレの夢は叶っている。
お前とずっと一緒に居るっていう夢がな」
「それなら私も同じです。
ずっと孫策様のお傍に」

二人の夢は叶う。
星の数ほどの祈り。

星に願いを。




*****

大戦より孫策×大喬。
彼女の計略は大流星の儀式。
七夕にかけてみました。

七夕ネタ、過ぎたって? 
仙台の七夕は8月なので問題なしです(本当か?w)。
posted by 藤井桜 at 07:57| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國&戦国&大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102854077

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。